ママ友速報

ママ友・子育てネタなどを2ちゃんねるから紹介します。

    復讐話し

    SPTOP








    160: 2015/09/24(木)13:55:13
    先月、お隣さんが自宅の建て替えのために神主さんを呼んで
    お祓いだかお清めだかしてもらったのだが
    「こういうのはどうせ気休めなんだから」と、
    礼は5円玉一枚だけ、それも神主さんの足元に放り投げて終わり
    神主さんは拾わず、その場で二度、音高く手を打って立ち去った
    翌日から、大雨が続いたり、重機のエンジンが火を噴いたり
    来ていた作業員も事故が続き、一週間で3人病院送りになったり
    挙げ句、立ち入り禁止と言われていたのに
    お隣のおばあちゃんが入って大怪我したりで大騒ぎ
    工事どころではなくなり、お隣さん体重は落ちたが白髪をだいぶ増やしていた
    神主さんをもう一度呼びつけて「お前、何をした!」と怒鳴りつけたが
    神主さんは「気休めじゃなかったんですか?」不思議そうに小首をかしげるばかり
    お隣さんがまだ何か言おうとすると、神主さんは両手を前に出して
    手を叩く素振りを見せつけたため、お隣さん何も言えず
    そのまま神主さんは帰っていった

    まったくの偶然なのかあの神主さんが何かしたのかは不明だが
    大雨でうちの庭に埋まっていた江戸時代の貨幣が出てきたり
    お隣でエンジンが火を噴いたせいか野良ネコが来なくなったり
    ボケてるお隣のおばあちゃんがうちに入ろうとしなくなったりで
    うちは大助かりしている

    引用元: ・2ch.sc

    続きを読む

    SPTOP








    147: 2015/09/20(日)22:30:05
    長いので2つに分けます。
    本当に自己満足の復讐なので、読まれた方が気分を害されるようであれば申し訳ありません。
    また、文章を書くのが苦手なので、皆さまの目が滑るようであれば申し訳ありません。


    数年同棲していた彼が、突然別れを切り出し、焦るように家を出て行った。
    その一連の流れが余りにも不自然で、物凄く怪しかった。
    三十路を迎えるまで結婚をチラつかせて囲っておきながら
    あっさり無責任に捨てられた私は何か大事なものがプッツーンと切れたらしい。
    男を見る目が無いのは、そりゃもう立ち直れないくらい凹んだけれど、しっかり自覚することにした。
    更に、もうとっくに適齢期過ぎているし貰い手もどうせ居ないだろうと考え
    何ヶ月、何年掛かろうが構わない。何が何でも絶対に復讐する!と心に誓った。

    元彼は阿呆なのか、円満な別れと思っているのか私との連絡を絶つ事も無く、同じ最寄り駅の範囲に引っ越しをした。
    たまに連絡を取りつつ半年ほど泳がせてみたら、共通の知人である鬼女とプリっていた証拠が次から次へと出てきたため
    隙をみてその証拠を少しずつ確保していき、タイミングを見計らって証拠の一部を元彼に見せつけながら
    「コレを鬼女の旦那に送り付けて慰謝料発生からの借金生活、会社バレして社会的な制裁も受け
    当然友人の大半も失い、更に最悪その鬼女と子供が転がり込んできて養う羽目になるが
    (邪魔くさいし面倒くさい粘着質な)私とスッパリ縁を切れるのと
    『結婚』なんて責任を取らせるつもりは無い。あなたを愛して止まない(途方もなく馬鹿な)私と
    以前のように何とな~く、ただ一緒にまったり日々を過ごすのとどちらがいい?」と二者択一。
    元彼は言い逃れようもない証拠を前にパニックに陥っていたため、冷静では無かった。
    その場ですぐ“よりダメージが少なさそう”にみえる後者を選んだ。

    (続きます)

    引用元: ・2ch.sc

    続きを読む

    SPTOP








    140: 2015/09/19(土)05:00:41
    新卒で入社した会社で、先輩女子社員に酷い目に遭わされた。
    その先輩女性社員Kさんは、私の3歳上。女優の南果歩に似たシジミ目。
    とにかく仕事をしない人で、協同でするはずの作業も八割以上は私に投げっぱなし。
    あまりのハードワークに先輩社員に相談したら、創業者一族の遠戚(コネ)だから、我慢するしかないと諭され…
    就職して二年半で胃に穴が空き、腹膜炎を起こしかけて電車で倒れて救急車搬送→緊急手術→入院。
    自宅療養中にパニック障害その他諸々の症状が出たので退職した。

    うちは、祖父と兄が不動産屋を経営し、
    父と姉が不動産管理会社をやっている。
    私は、管理会社の方で働かせてもらうことにした。
    その後、中学の同級生と26歳で結婚。子供も2人産まれて、忙しいが平和な日々だったのだが……

    私が30代なかばになった頃、祖父の不動産会社が管理するマンションに新規入居者が入ってきた。
    あのKさんと旦那さんだった。

    私が朝、共同集積所からマンションの前にゴミをえっちらおっちら運んでると、後ろから声。
    「あら! 私さんじゃないの! あら、どうしたの?」
    Kさんは、意地悪な笑みをニヤァーッと。
    私が作業着を着て、ゴミを通りまで運んでるのを見て、嬉しそうに
    「あらあら、お仕事中なの? ご苦労様ね。うちのゴミもお願いね。がんばってー」
    二十代の頃の私だったら、その場で固まっていたか、うろたえていたかもしれない。
    しかし、私も子供を二人産んで、強くなっていた。
    「おはようございまーす! このマンションに引っ越してらしたんですねー!」
    会社勤めだった時と大違いの、私の大声にKさんは驚いていたようだった。

    引用元: ・2ch.sc

    続きを読む

    SPTOP








    133: 2015/09/13(日)18:35:18
    復讐になったかどうか分からないけれど

    昔付き合ってた彼氏(現元彼)は女癖の酷いカスで、私の親友のA子にも手を出してた
    挙句私に飽きたと言って無理やり(殴られた)別れられた
    A子は泣きながら謝ってくれたけど、元彼が怖いからとズルズル付き合ってた
    私の方も家の事情で修羅場があって、A子が心配だったけどそれどころじゃなく
    結局落ち着いた頃には1年が過ぎてた
    その時にはもう元彼ともA子とも連絡もとっておらず
    たまに聞く噂で最終的にA子が捨てられたとだけ聞いてた
    それから私は別の男性(現夫)と付き合い、なんだかウマが合って速攻結婚した

    ある日A子から連絡があった
    ただならぬ様子に外で会う約束をとって駆けつけた
    A子、元彼とは別れたがまだズルズルと関係を持ってた
    当然のように別の女と二股をした挙句、A子は捨てられたそうな
    しかも挙句いま妊娠してるという
    「私ちゃんどうしよう・・・」と泣きながら私に訴え
    「どうしようもなにも、酷いこと言うようだけど堕ろして付き合いを絶ちなよ」
    さすがに呆れてこう言うしかなかった
    が・・・
    「この子、生きてるんだよ」「そんな酷いこと言わないで」
    「元彼君もこの子の顔を見たらウンヌン」
    「一度は私を選んだ元彼君を信じたいカンヌン」

    引用元: ・2ch.sc

    続きを読む

    SPTOP








    101: 2015/09/04(金)16:52:53
    20年位前の高校3年のとき、非常勤講師へのささやかな復讐話。
    細かい話をしだすと長いので簡単にまとめてみる。

    受験直前期に無神経なことを言いまくりの非常勤講師O。
    本人は熱血キャラのつもりで、

    「俺、イイコト言ってるだろ~」

    みたいな感じだったのが余計に腹立たしく、
    ストレスが溜まっていた。

    Oが出身大学(偏差値60位の私大)を自慢に思っていて、
    同じ大学を受ける生徒に片っ端から
    「それではちょっと無理かもな~、まあ頑張れwww」
    みたいなことを言ってるのを知っていたので
    その大学を受験していた私は

    「あそこは滑り止め。
    卒業生を見てると思った以上にレベルが低そうだから
    本命に落ちてもたぶん行かない。浪人する方がマシ」

    と言ってやった。
    顔を真赤にして食って掛かってきたOの姿を
    学年主任の先生が見ていて説明を求められたので
    普段からの無神経なOの言動をバラしたら
    主任先生から説教されてたwww

    私自身はそれでスッキリしたが(本命にも無事合格)
    卒業後にさらにヒドいことになっていたことを後で知った。

    私の学年の合格率が例年よりも低く
    特にOが非常勤講師として関わっていたクラスが
    軒並み低かったらしい。
    別にOのせいじゃないかもしれないし
    仮にそうでもちょっと無神経なことを言われたぐらいで落ちるのも問題だが
    学年団の先生方から「もう少し考えて行動しなさい」と注意されたらしい。

    それをOは「俺の責任にされた!」と受け止め
    次の年の途中で突然授業に出てこなくなり
    そのまま引きこもりになったらしい。
    意図せぬ方向に転がってしまったが
    私のせいじゃないと思ってる。

    この前、実家の方に帰省したら
    本屋の前のガチャポンをいじっているOと
    その傍にたたずむお婆さん(たぶん母親)を見かけたので思い出しカキコ。

    引用元: ・2ch.sc

    続きを読む

    このページのトップヘ