ママ友速報

ママ友・子育てネタなどを2ちゃんねるから紹介します。

    恋人

    FGDRHRGRG















    265: 2017/03/29(水) 20:26:07.90
    そろそろ結婚するかって話になった時、私はフォトウェディングとかで済ませたい派で彼氏は挙げたい派で揉めた。
    よくよく聞いてみたら、なんと彼氏は女は無条件で結婚式挙げたいと思っている!挙げたくないって言っても挙げたいに決まってる!お金?うちは貧乏だから親は出してくれないよ!でも大丈夫!ご祝儀でプラスになるに決まってるじゃん!500万くらいで挙げたい!
    とのことだった。
    元からちょっと常識に疎いと思ってはいたけど、こんな中学生みたいなことを言われてスーッと冷めた。
    プラスになる結婚式って聞いたことねーよ。

    引用元: 2ch.sc

    続きを読む

    FGDRHRGRG















    8: 2017/03/14(火) 22:08:19.00
    家に来た彼に料理作ったら美味しいと言ってくれた
    だけど食後に彼が台所のゴミを漁ってる
    何してるのか聞いたら
    「チェックだよチェック。既製品でごまかしてたら減点してやろうと思ってw」と言われた

    中華だったからクックドゥー的な何か使ったと思われたのかな
    使って無いけど使ったとしても「減点してやろう」と言う言葉に引っかかって冷めた

    引用元: 2ch.sc

    続きを読む

    FGDRHRGRG















    109: 2015/02/12(木)20:39:50
    当時、私と彼は新幹線で2時間くらいの遠距離恋愛中だった。
    付き合って1年ちょいで、どちらかと言えば私の方が惚れてたと思う。
    彼もそれを承知の上での俺様風味だったけど、男らしくて素敵とお花畑だった私w
    そんな調子だから、2時間かけて会いに行くのはいつも私の方。
    新幹線の回数券を買って、月に2回は会いに行っていた。

    バレンタインデーが近づいたある日、彼からのメール。
    ちょうど休みが取れたから、2/14(平日だった)にそっちに行く。
    チョコレートを用意して待ってろ!
    と、いう内容を、これがツンデレというやつかと、私は大喜びした(バカ)
    前日には電話ももらって、明日○○で待ってろよと念を押された。
    ○○は待ち合わせの定番スポットで、屋外。

    で、当日。待てど暮らせど彼は来ない。
    電話は繋がらない。メールの返事も来ない。
    ちょっとだけ近くのカフェに入ってみたりもしたけど、
    店に居る間に彼が来たらと思うと落ち着かず、結局4時間以上待った。

    そして日付が15日になってすぐ、彼から着信。

    彼「お前もしかしてまだ待ってるの?www」
    私「待ってるよ!どこに居るの?今から来られるの?」
    彼「行けるわけないじゃんww俺、そもそもそっちに行ってないもんwwwww」
    私「え?どういう事??」
    彼「サプライズだよサプライズwwwwwwwwwww」

    口調が、本当に、大量に草を生やしてます!って感じだったよ…。

    彼曰く、いつも私が会いに行くのを多少は悪いと思っていた。
    だからせめて彼が会いに来る喜びを私に味あわせようかと考えた。
    女ってサプライズ好きだろ?びっくりしただろ?と、笑いながら言う彼。

    そこでようやく、この人は完全に私を見下しているんだ、と理解した。
    泣くより怒るより、呆れた。自分のバカさ加減に。

    私「すごくびっくりした。びっくりしたし、とても不愉快。これっきり別れよう」
    彼「え、なんで!?」
    私「不愉快だから。二度と会いたくないから。顔も見たくないし声も聞きたくない。さようなら」
    彼「え、なんで!?」

    冗談だよそんなに怒るなよと喚く彼を無視して電話を切って、その場で着拒。
    帰宅して某SNSを見ると、ちょっとした冗談のつもりだったのに、私が怒った、
    着拒された、このままじゃフラれる、どうしよう…とグチグチ呟いていたので、
    その愚痴を引用した上で、経緯をSNSに垂れ流し、
    会いに行くっていうメールのスクショもUPし、それから彼をブロック。
    何人か友達失くしたけど、元々彼の友達だった人達だったし、どうでもいいやと思った。

    仕返しが痛くてDQNですみません。本当に見る目がなかったと思う。
    なんであんな男を好きになったのか、当時の自分の神経がわからんという話でした。

    続きを読む

    このページのトップヘ